広汎性発達障害の女が毒を吐くブログ

はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

火曜日は、月曜日に準備したタスクリストに基づき淡々と処理をする[楽しむ仕事術]

月曜日の使い方については、先日こんな記事を書きました。

しかし、火曜日は違います。火曜日には火曜日の使い方があります。

週の2日目である火曜日は、前日月曜日に準備しておいた「タスクリスト」を元に淡々と業務をこなしていきましょう。

この時、例えば提出資料の作成であれば、「質」をあまり気にせず、「一旦カタチにする」ことだけを目標に数をこなしていきましょう。

火曜日は、「質より量」です。

数をこなせば、週の後半の負担は減り、どこまでどのくらい手をかけて仕上げればいいかが自ずと見えてきます。

質は週の後半でも巻き返せますが、量はどうしても限度があります。

また、とりあえず着手だけでもしておけば、上司からの突然の「アレはどうなってる?」攻撃に対しても、「◯◯まで進んでいて、あとは××するのに△日くらいです」とさらっと答えられるようになります。

なお、タスクリストにない飛び込み仕事は、よっぽど緊急度・重要度が高いものでなければ、翌日以降に回しましょう。

今週予定していた仕事の半分以上に手が着いている状態にするのが、火曜日の役割です。

繰り返します。火曜日は、「質より量」です。

広告を非表示にする