広汎性発達障害の女が毒を吐くブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

週に一度は手帳に「Myタイム(自分だけの時間)」を緑色の文字で書き込む[楽しむ手帳術]

スケジュールを仕事の重要な要件で埋める前に、「休日スタンプ」で休みの予定を先に確保しましょうということを書きました。

もう1つ、手帳にスケジュールを書き込む際に行っていることがあります。

それは、「Myタイム」=自分だけの時間を週に一度は確保することです。

「Myタイム」で能動的な時間を時間を確保する

スケジュールはどうしても、仕事のことや家庭のことなど「やらなければいけないこと」が優先されてしまいがちです。

必要なことではありますが、それだけだと受動的に使われる時間が多くなり、ストレスがたまってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、予定を立てる際にあらかじめ「Myタイム」を手帳に書き込んでおくということです。

Myタイムでやることは何でもかまいませんが、「自分ひとりだけでできること」「ちょっとワクワクすること」「お金や時間を多く必要としないこと」がいいでしょう。

例えば、わたしの場合であれば、朝会社に出勤する前にタリーズに寄って朝食とブログ更新を楽しむ「朝カフェ」、Onの日の平日とOffの日の境目である金曜日の夜に息子を寝かしつけたあとに楽しむ「お疲れ様ビール」などがあります。

リラックスをあらわす緑色の文字で、認識しやすくする

手帳に書き込む際は、緑色のインクのペンを使います。

黒や赤、青色などは仕事や家庭の用事で使われることが多いので、それと視覚的に区別しやすくするために緑色を用います。

仕事が立て込んできた時など、手帳を開いて一番近い緑色の予定を確認するのはちょっとしたリラックスタイムになります。

手帳を開くたびに緑色の予定をぐるぐると枠で囲んで、気持ちを高めるのもいいですね。

まとめ

緑色の予定=「Myタイム」にはチェックボックスを設けておいて、実行できたらチェックをつけるようにすると、より満足感を実感しやすくなります。

やらなければいけないことだけでなく自分のためだけの時間を、週に一度は確保する。

手帳を開いた時に見つけやすいように緑色のインクで書き込む。

ストレスが高まる前に手帳を開いて、Myタイムを楽しみにする。

実行できたら消し込むことで、満足感を味わう。

休日スタンプとあわせて、緑色のMyタイムを手帳に加えることをおすすめします。

広告を非表示にする