広汎性発達障害の女が毒を吐くブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

野菜同士が互いにコンパニオンプランツ!枝豆とピーマンを植えてみた[プランター菜園]

今年の家庭菜園のテーマは、「コンパニオンプランツと混植で、手軽に見た目も美味しく」。

コンパニオンプランツと言えば、野菜とハーブの組み合わせが定番。

しかしながら第4弾の今回は、野菜同士がコンパニオンプランツ

枝豆とピーマンを植えてみました。

《エダマメ(マメ科)》  →セロリ(セリ科)  セロリの臭いを嫌って、アブラムシが近寄らない効果が!  エンドウ豆やインゲン豆にもセロリは効果があるようです。  葉がぶつからない程度に混植すると良い。  →ピーマン(ナス科)  ピーマンとエダマメはとても相性が良く、  お互いが良く育つのだそうです。  エダマメなどのマメ科の植物は土壌中にチッソを固定して  土を肥やすので、菜園の混植に活用役立ってくれるのだそうです。

引用元:各野菜のコンパニオンプランツまとめ | 貸し農園で畑始めました。
鉢底石を敷いた上に、元肥入りの培養土を入れておきます

枝豆の苗2本と、ピーマンの苗2本。交互に植えてみたいと思います

ピーマンの野菜ポッドの高さに合わせて、穴を掘ります

苗がぐらつかないように、すき間にしっかりと土を詰めます

同様に、枝豆(だだちゃ豆)の苗も植えます

4本とも植えたら、土全体をならすように、しっかりと土を押さえます

ピーマンの苗の脇に支柱を立てて、8の字で結わえます

プランターの底から抜けるくらいたっぷりと水をかけたら、完成です!

プランター菜園の全景

コンパニオンプランツをテーマにしたプランター菜園の植え付けは、今回でひとまず完了。

生育状況にあわせて、随時レポートしていきます!

広告を非表示にする