はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

[桜]盛岡市中心部で見られる桜の名所を撮影してきたよ!GW中までギリ見れるかな?

4月第3週あたりから咲き始めた盛岡の桜。

なかなか見に行けずじりじりとしていましたが、5月連休直前にようやく見て回ることができました。

JR盛岡駅からアプローチし易いところを中心に、見どころをご紹介します。

石割り桜

盛岡地方裁判所前の巨大な花崗岩(周囲21メートル)の割れ目から育ったエドヒガンザクラで、樹齢は約360年。

国の天然記念物に指定されていて、岩が落雷を受けてできた割れ目に桜の種子が入り込んで成長したという言い伝えもあるそうです。

多くの観光客の方が足を止めて、写真撮影をしていました。

葉が出始めているので、今週いっぱいまでが見どころでしょう。

盛岡城跡公園(岩手公園)

南部藩盛岡城の石垣がそのまま残る公園で、「盛岡さくらまつり」会場のひとつです。

もとは岩手公園と呼ばれていましたが、2006年に開園100周年を記念して、「盛岡城址公園」と愛称がつけられました。

お城自体はありませんが、春の桜のほか、梅林や紅葉、藤棚、紫陽花、バラなどが四季それぞれを彩っています。

高松の池

白鳥の飛来地のひとつで、「盛岡さくらまつり」の会場でもあります。

池の周囲2kmほどを桜の木が取り囲んでいます。

南部富士とも呼ばれる岩手山を背景に、満開の桜を楽しむことができます。

岩手大学

盛岡市にある国立大学で、通称は「岩大(がんだい)」。わたしの母校でもあります。

岩手大学農学部の前身である盛岡高等農林学校の卒業生には宮沢賢治がいます。

桜の名所一覧などには出てきませんが、学内には多くの桜の木が植えられており、観光客で混雑することもないのでのんびりと桜鑑賞するにはうってつけの場所です。

あとがき

G.Wも過ぎればもう、新緑の季節です。

一本桜は見逃しましたが、小岩井農場や少し足を伸ばして三陸海岸へ行ってみたいなと考えています。

平日のローカル線ひとり旅なんかもいいなあ。