広汎性発達障害の女が毒を吐くブログ

はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

手帳とノート、どちらに書くか迷うものは付せんに書いて移動可能にしておく[楽しむ手帳術]

複数冊の手帳とノートを、目的に応じて使い分けしています。

何度かのトライアルを経て使い分け方を決めたので、スムーズな使い分けと活用ができています。

付せんをクッションにすることで、「こうもり問題」を解決する

ですが、とっさのメモなど、どの目的に分けるか判断する前に書き留めなければならない場面というものも、どうしても出てきます。

一瞬分類に迷うことを「こうもり問題」と言います。

鳥類なのか哺乳類なのか、何を基準にすればよいのか判断を迷うことを指します。

十分に使い分け方を設計した手帳やノートの活用も、こうもり問題が発生することがあります。

そういう場合はどうすればいいか?

そう、「付せん」です。

とりあえず付せんに書き留めておいて、内容と目的を確認してから該当する手帳ないしノートへ貼り付ければよいのです。

付せんなら、どれへ書けばよいか躊躇することがありません。

最初から手帳・ノートに書こうとすると「分類すること」と「書くこと」の2つを同時に行わなければなりませんが、付せんを1次受けにすればとりあえず「書くこと」に専念し、落ち着いてから「分類すること」に頭を使うことができます。

前提は付せんを常に携帯していること

ただし、そのためには常に手近なところに付せんがある状態にしなくてはなりません。

ポケットの中などは、付せんが折れてぐちゃぐちゃになりやすいのでおすすめできません。

わたしの場合は、週間レフト式の手帳「NOLTYライツ3」を常に携帯しているので、その表紙見返し部分に、50mm×75mmの付せんを常備しておいて、上司や同僚、妻などに何か頼みごとなどされた場合にさっと取り出せるようにしています。

75mm×75mmサイズだと手帳やノートに貼り替えた時にスペースを取り過ぎ、25mm×75mmだと要件を書ききれないことが多いので、その中間の50mm×75mmがベストサイズです。

メモした付せんはそのまま手帳の表紙見返し部分に貼っておき、机の前など落ち着いてから手帳・ノートの空いているページに貼り替えます。

あとは、付せんの周りに思い出した情報や行うToDoなどを追記していけばよいのです。

あとがき

移動可能で使い回しの良い付せんですが、うっかりすると書きっぱなしで溜まってしまうことがあります。

溜まらないように都度張り替えるのがベストですが、1日の終わりや週の始まりなど、あらかじめ決めたタイミングで定期的に棚卸しするのも効果的です。

手帳やノートの能力を発揮するパートナーとして、ぜひ表紙見返し部分などに付せんを数枚常備してみてくださいね。