広汎性発達障害の女が毒を吐くブログ

はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

月曜日の朝に「先週の自分」から申し送りを受けることで、1週間をスムーズにスタート![楽しむ仕事術]

月曜日の朝は、「週次レビュー&デザイン」からスタートします。

その手順と、実行による効果をご紹介します。

週次レビューの手順と効果

最初に行うのが「週次レビュー」で、先週の目標や予定に対する仕事の進捗、課題の解決状況・あらたな課題の発生状況の振り返りを行います。

1週間のことを振り返ると言うと、大変だな・面倒だなと思うかたもいると思いますが、ノートに書いたことをパラパラとめくってざっくりと目を通すだけで済むので、わずか15分ほどで完了。

ノートには1日1ページ~2ページくらいでその日のタスク一覧と実行上の気づきがメモしてあるので、それを読み返せば1週間の仕事の状況がありありとわかります。

いわば、「先週の自分」が「今週の自分」のために記録をとって、申し送り(引き継ぎ)をしてくれているようなものです。

これのお陰で、週の始まりに「今週は何をどこから始めればいいのかな?」「何に重点を置いて最優先で行えばいいのかな?」と迷う必要がありません。

週次デザインの手順と効果

月曜日の朝に、週次レビューに続いて行うのが「週次デザイン」です。

Outlookのカレンダーには3ヶ月先までのアポイントとタスクが登録してあるので、そのなかから今週のアポイントとタスクを抜き出し、先に行った週次レビューの結果(タスクの追加・変更)を反映させます。

この時に、月や四半期の目標と比較することで実施状況・達成状況が見えてくるので、この先どれくらいの難易度の業務ボリュームが控えているのかも見えてきます。

見通しが立てば将来のこともある程度自分のペースでコントロールすることができますから、ストレス無く仕事を進められます。

まとめ

「週次レビュー&デザイン」は慣れれば30分程度で済むようになります。

時間あたりの効果が高いので、週のルーチンワークとして早速取り組むことをおすすめします。