はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

「週次レビュー」を定期的に行うと、立ち位置と進むべき方向が見えてくる[楽しむ仕事術]

さて、月曜日。1週間の始まりです。

毎週月曜日の朝は、週次レビューからスタートします。

客観的なログをたどる

先週1週間のことを振り返るのですが、頭の中だけで思い出して振り返るのではなく、先週書いたノートや手帳の記述をたどって振り返りを行います。

ノートや手帳を読み返すことで、客観的な事実をたどり直すのです。

そうすると、自分で書いたのに忘れていたこと、でも実は重要なことなどを鮮明に思い出すことができます。

振り返りから見つけた重要なことは多くは今週以降の仕事に関係してくるので、必要ならもう一度まとめ直しておきます。

そうすることで、同じミスを繰り返したり、優先度高いことを後回しにしてしまったりすることなく、気持ちにゆとりを持って1週間の仕事に向き合うことができます。

主観的な感情や想いを振り返る

手帳には客観的事実としてのライフログだけではなく短い日記も書いているので、週次レビューでは、これも読み返しておきます。

日記には感情の動きや反省など主観的なことを書いているので、同時に振り返っておくのです。

人は合理的判断だけではなく感情によって判断したり行動したりしています。

日記を通じて振り返ることで先週の自分と地続きになりつつ、でも少しだけ無理なく良い方向へ軌道修正することができるというわけです。

まとめ

月次計画から導き出した今週の計画に、週次レビューの結果から導き出した要素を加えたら今週の週次デザインは完成です。

週次レビューをひと通り終える頃には、今週の流れをしっかりとイメージすることができるようになっているでしょう。