広汎性発達障害の女が毒を吐くブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

「休日モード」から「仕事モード」へ、無理なく即座に切り替えるシンプルな方法[楽しむ仕事術]

連休があること自体はうれしいのですが、2日以上連続して休むと頭の中はすっかりと「休日モード」で固定されてしまいます。

そうなると、休み明けの出勤日にオフィスへ行ったくらいでは、なかなか「仕事モード」には入れません。

勤務時間は決められていますからなんとか手を動かし始めはしますが、頭の中が休日モードから切り替わっていないままではどうにも効率が悪く、なんとかして仕事モードへとスイッチを切り替えてやる必要があります。

ところが、このモードを切り替えるスイッチが固くて、「やる気」「気力」を振り絞ろうともそうそう切り替わるものではありません。

とはいえ、仕事の山は待っていてくれず、どうにかしてタスクを消化する必要があります。

ではどうすればよいのか?

休みに入る前の仕事ノートや手帳を読み返す

休日モードから仕事モードへ切り替えるのは、まったくあたらしい自分に切り替えるわけではありません。

休日に入る前の、仕事をしていた時の状態へつなげてやることがポイントです。

そこで有効な手段となるのが、仕事メモなど、休みに入る前に書いていた仕事ノートあるいは手帳を読み返すということです。

なにも特別なことはしません。

ただページをめくりながら自分の書いた文章やキーワードを読み返すだけで十分です。

読み返す順序としては古い日付のものからあたらしい日付のものへと読んでいく「順読み」と、それと反対にあたらしい日付のものから古い日付のものへさかのぼっていく「逆読み」がありますが、今日の自分と休みに入る前の自分を接続するには「順読み」のほうがスムーズにいくでしょう。

読み返す範囲としては、3連休程度なら1週間分くらいで十分です。

それくらいなら、15分~30分程度もあれば読み返せて、モードもしっかりと切り替わります。

切り替わらないまま午前中もんもんとしつつ無理に仕事を続けるくらいなら、30分手間をかけたほうがずっといいことが実感できます。

休み明けを見越して、休日前に自分への「申し送り」を書いておくとより効果的

読み返しをするのが一番効果的ですが、より短時間で行いたいなら、休みに入る前の仕事終わりに休日明けの自分に宛てて「申し送り」を書いておくという手があります。

申し送りというのは日勤と夜勤がある病院や工場などで行われている手法で、人が交替しても同じ作業がスムーズにミスや事故なく行われるように、作業手順や留意点を要約して伝えます。

休日を挟んで、休み前の自分から休み明けの自分への交替するわけですから、申し送りをしてやるのです。

ポイントは2つだけ。

1つは休み明けの自分が何をするのか、そのタスクリストを書き出しておくこと。

何を・いつ・どういう手段で行うのかが書かれていればいいでしょう。

もうひとつは、そのタスクを実行するうえで留意すべきポイントが何なのかメモしておくこと。

どういう手順を踏めばミスしないのか、基準に達するのかが簡単に書かれていれば十分です。

この2つが揃っていれば、休み明けの自分はこのリストとメモに従って行動すればよいということになります。

行動しているうちに仕事モードへと切り替わるのを感じるでしょう。

手書きで少しだけ手間をかけたほうが、「読み返し」の効果大

もうひとつだけ補足するならば、読み返しや申し送りは自分の手書き文字がいいですね。

手書きで書いた文章には、意味としての情報だけではなく感情が込められています。

人間は理論を好む生き物ですが、そこには合理的判断だけではなく感情が入り組んでいるので、その感情が表れる手書きを読み返したほうが自分にとって受け入れやすく、スムーズに休み前の自分から今日の自分へと引き継ぎが行えるのです。

手書きの方が味があるとか情緒的な理由ではなく、合理的な行動をとるために手書きがベストであることがお分かりいただけるでしょう。

まとめ

今回は連休をきっかけに「読み返し」と「申し送り」の効果をまとめてみましたが、通常の休日に関しても同じことが言えます。

土日休みの勤務であれば、金曜日の仕事終わりに月曜日のタスクリストを書き出しておいて、月曜日の朝は先週を振り返る「週次レビュー」を行なったうえで、書き出しておいたタスクリストにもとづいて仕事を進める。

非常にシンプルな方法でかかる手間もわずかですが、即座に効果が現れることを実感できるでしょう。

3連休明けの今日、先週の仕事ノートや手帳を読み返すことから始めてみましょう!

▼ノートの「読み返し方」を知りたい人が読む一冊

広告を非表示にする