はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

楽しむ手帳術-システム手帳

ほぼ日手帳やジブン手帳など個性的な綴じ手帳が全盛期の今、システム手帳は古いものに思われがちですが、その機能性の高さから、再び注目を集めています。

一番の機能は、互換性のあるリフィルによるカスタマイズ。

バインダー本体とリフィルのメーカーが別のものでも、組み合わせを自由自在に行うことができます。

わたしも、様々な手帳を試してきた結果、仕事用もプライベート用もシステム手帳に帰ってきました。

システム手帳を使いこなすポイントは、「目的」と「コンセプト」そして「カスタマイズ手段の選択」にあります。

システム手帳とリフィルの使い分け(仕事編/生活編)[楽しむ手帳術]

「目的に応じて手帳とノート、デジタルとアナログを使い分ける方法(2017年4月編)[楽しむ手帳術]」などでご紹介してきたように、その目的によって使用する手帳と実際の使い方は幾度かの変遷をたどってきましたが、このところは「システム手帳」をメインと…

360度パタンと開く、ノートなシステム手帳「filofax clipbook(クリップブック)」 [商品レビュー]

「ほぼ日手帳カズンを「システム手帳リフィル化」してライフログノートに[楽しむ手帳術]」で、ほぼ日手帳を裁断してパンチ穴を開けて、抜き差し自由なライフログ手帳の運用を開始しました。 ただ、空いているA5サイズのシステム手帳バインダーが無かったた…

リフィル化したほぼ日手帳カズンを入れる、「軽」「薄」なシステム手帳が欲しい

「ほぼ日手帳カズンを「システム手帳リフィル化」してライフログノートに[楽しむ手帳術]」で、手持ちのほぼ日手帳を裁断してパンチ穴を開けて、システム手帳で使えるようにしました。 ただ、空いているシステム手帳がなかったので、暫定的に仕事用のシステ…

ほぼ日手帳カズンを「システム手帳リフィル化」してライフログノートに[楽しむ手帳術]

毎日の習慣として、その日の「客観的なデータ」と「主観的なデータ」を1日1ページでサマライズしたライフログノートを作成しています。 ライフログ用にはミドリノートやキャンパスノートなどの綴じノートでページ数が多いものを使っていました。 おおよそ4ヶ…

システム手帳の中身(リフィル構成)と追加したもの・しなかったもの[2018.05版]

今年2月から定点観測を開始した「システム手帳の中身」。今回が2回目の定点観測です。 いくつも種類があるリフィルを差し替えてカスタマイズできるのが、システム手帳の特徴であり面白さ。 どれを・どの順番で組み合わせるかに、その人の思考法や嗜好が色濃…

システム手帳の中身(リフィル構成)とあると便利なもの[2018.02版]

いくつも種類があるリフィルを差し替えてカスタマイズできるのが、システム手帳の特徴であり面白さ。 どれを・どの順番で組み合わせるかに、その人の思考法や嗜好が色濃く反映されます。 考え方や好みは常に一定ではないので、時とともに変化するもの。 『「…

#手帳会議 2018 その4 ~仕事で使うシステム手帳「ELENOA」の構成を考える~

先日、クラウドファンディングでアナログツールとデジタルツールを融合したシステム手帳「ELENOA」の支援を行いました。 12月のクラウドファンディングは、アナログノート+モバイルバッテリー+USBメモリーのシステム手帳「ELENOA」に決定! プロジェクトは…

12月のクラウドファンディングは、アナログノート+モバイルバッテリー+USBメモリーのシステム手帳「ELENOA」に決定!

今年の10月に、人生初のクラウドファンディングによるプロジェクト支援を行いました。 初めてのクラウドファンディング!「スマホ1台だけの旅」を支援した理由 - はたらく・暮らす・整える 活きたお金の使い方を模索するわたしは、これをスタートに毎月1件以…

手帳の使い分け ~能率手帳とシステム手帳~ (2017.07編)[楽しむ手帳術]

今年6月までは、ほぼ日手帳と能率手帳、それにシステム手帳の3冊を使い分けてきました。 totonoeru.hateblo.jp 時系列であることが重要なものは「綴じ手帳(ほぼ日手帳と能率手帳)」に、内容による並べ替えが重要なものは「システム手帳」といった方針によ…

リフィル型「穴あけパンチ」は、なんでもシステム手帳に取り込んでしまう万能ツール[楽しむ手帳術]

システム手帳を使っていると、やりたくなるのが資料や自作リフィルを綴じ込むこと。 ただしそのためには、システム手帳の規格にあった適切な位置と大きさの穴をあける必要があります。 そこで登場するのが、システム手帳用の「穴あけパンチ」。 様々なタイプ…

カードホルダーリフィルを装着。紙以外のリフィルを綴じるとシステム手帳らしさが増す[楽しむ手帳術]

2017/07/26のシステム手帳 --------------------------------- カードポケットリフィルを装着。財布から比較的使用頻度が低いカードを移動して手帳を「第二の財布」とし、財布本体を薄っぺらに。代わりにシステム手帳が育った。 ---------------------------…

分厚くてでかいだけがシステム手帳じゃない!「ジャストリフィルサイズ」という選択もある[楽しむ手帳術]

多彩な種類のリフィルが選べて、抜き差しや並べ替えなどの自由度の高さがシステム手帳の特徴ですが、一般的に「でかい」「分厚い」「持ち運びに不便」などのイメージもつきまとっています。 わたしも使い始めるまでは、少なからずそんなイメージを持っていま…

100均ショップ・セリアの「iPad miniケース」が、システム手帳の収納ケースにぴったり[楽しむ手帳術]

システム手帳をメインに使っているのは、中身(リフィルやテンプレート自作)のカスタマイズの自由度もさることながら、本体の革の手触りや風合いを楽しむためでもあります。 ただし、革は傷がつきやすいのが難点。 持ち運びのためにカバンに入れておくと、…

システム手帳のデイリーページはリフィルの角を切り落として、即座に「今日」のページを開けるようにする[楽しむ手帳術]

システム手帳はインデックスでカテゴリー分けをしていますが、そのなかでも開く頻度が高いのが「毎日のライフログ」。 1ページを1日分として、その日のライフログをサマライズしています。 [2017/07/14〜2017/07/15]のシステム手帳 * 休日のライフログの取…

「ドット方眼」リフィルで文字も図も、思考の発散を自由自在に[楽しむ手帳術]

メインの手帳として出番の多いシステム手帳は、主に次の用途で使用しています。 毎日のライフログ お弁当料理のレシピメモ アイデアメモ 本やブログからの引用 支出記録 このうち、支出記録は「月間ダイアリー」のリフィルを使いますが、そのほかはすべて「…

マスキングテープで、システム手帳リフィルの抜き差しを簡単に[楽しむ手帳術]

最近いじくるのが楽しくて仕方がないシステム手帳。リフィルの穴をマスキングテープで補強して切り込みを入れ、リングを開けなくても抜き差しできるようにしました。 Nobuhisa Obaraさん(@nob_oba0125)がシェアした投稿 - 2017 7月 18 5:48午後 PDT リフィル…

目的に応じて手帳とノート、デジタルとアナログを使い分ける方法(2017年4月編)[楽しむ手帳術]

先日、週間レフト式の手帳としてNOLTYライツ3を加えたことで、手帳は「ほぼ日手帳カズン」「システム手帳」「NOLTYライツ3」の3冊編成となりました。 これによって、目的に応じた手帳の使い分け、手帳とノートの使い分け、デジタルとアナログの使い分けがよ…

手帳の使い分け ~ほぼ日手帳とシステム手帳~(2017.03編)

昨年まではライフログ用としてほぼ日手帳のオリジナル版(文庫本サイズ))を使っていたのですが、今年からA5サイズのカズン版に変えて、システム手帳と併用しています。 定点観測も兼ねて、手帳の使い分け方をご紹介。 (それぞれの具体的な使い方は、別記…