広汎性発達障害の女が毒を吐くブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

楽しむ手帳術

「覚える」のではなく、「考えて」「判断する」ことに頭を使うために手帳を使う[楽しむ手帳術]

考えに詰まったときや、ふとしたすきま時間にはとりあえず手帳を開くことにしています。 手帳のページを開いたら、頭に浮かんでいる言葉を、浮かんだままにメモします。 その時によって、キーワードだったり文章だったり図だったりと様々ですが、深く考える…

日常の出来事に、記事タイトルをつけてみる。普通の日が「ちょっとだけ人に話したいことがあった日」に[楽しむ生活術]

ブログを始めてからの癖なのですが、ふとした瞬間に頭のなかで「その日あった出来事にタイトルをつけてみる」ということをやっています。 タイトルをつける出来事は、それ自体は特別なことではありません。 特別なことではありませんが、タイトルをつけてみ…

週に一度は手帳に「Myタイム(自分だけの時間)」を緑色の文字で書き込む[楽しむ手帳術]

スケジュールを仕事の重要な要件で埋める前に、「休日スタンプ」で休みの予定を先に確保しましょうということを書きました。 totonoeru.hateblo.jp もう1つ、手帳にスケジュールを書き込む際に行っていることがあります。 それは、「Myタイム」=自分だけの…

すきま時間には何もなくても、とりあえず手帳を開く3つの理由[楽しむ手帳術]

週のアポイントと目標をセルフマネジメントするものとして、週間レフト式の手帳「NOLTYライツ3」を常に上着のポケットに入れて携帯しています。 また、「生活を整える」ためのライフログ記入用として、ほぼ日手帳カズンを机の上にいつも開いた状態で置いてい…

メモは読み返してナンボなので、書き込む際はペンをあえて色分けしない[楽しむ手帳術]

メモ帳は「ユビキタス・キャプチャー」という言葉が自然と馴染むまで、常に持ち歩いてなんでも書きつけたいと考えています。 メモは内容がなんであれ、書かないより書いてあるほうがいいので黒インク一本でも問題ないのですが、重要度やテーマによって「黒・…

ライフログをデジタルで記録していても、アナログな手帳に「サマライズ」するたった1つの理由[楽しむ手帳術]

先日は、生活習慣をマネジメントするための5つのライフログ項目「睡眠」「食事」「運動」「排便」「メンタル」を記録することが、良い習慣のベースをつくるということをお伝えしました。 20代で知っておくべき5つの生活習慣マネジメント項目[楽しむ生活術]…

記号や略語を使うと「マイ手帳」の愛着がわいてくる。方法もあわせてご紹介[楽しむ手帳術]

週間レフト式の手帳「NOLTYライツ3」を使い始めて1ヶ月が経ちました。 2017年の週間レフト式手帳に「NOLTYライツ3/能率手帳」を選んだひとつの理由[楽しむ手帳術] - はたらく・暮らす・整える 携帯性に優れているのでオン・オフ問わず持ち歩いているので…

休みの予定を真っ先に書き込んでブロックする。休日スタンプのすすめ[楽しむ手帳術]

スケジュールは重要な要件から埋めていくと言われていますが、それより先に埋めるべきものがあります。 それは、「休み」の予定。 忙しいから休む暇がないのではない。休みを先に決めないから忙しくなる いつもせかせかしている人はよく言います、「やること…

先週のトピックスを1日1文でまとめて1週間を総括することで、今週のアップデートにつなげる[楽しむ手帳術]

月曜日になりましたので、先週1週間を振り返る「週次レビュー」からスタート。 仕事面の振り返りだけではなく、趣味や家庭などのプライベートも含めた生活全般を振り返るようにしています。 仕事ノートとほぼ日手帳を使った、先週のトピックスまとめ手順 具…

手帳とノート、どちらに書くか迷うものは付せんに書いて移動可能にしておく[楽しむ手帳術]

複数冊の手帳とノートを、目的に応じて使い分けしています。 目的に応じて手帳とノート、デジタルとアナログを使い分ける方法(2017年4月編)[楽しむ手帳術] - はたらく・暮らす・整える 何度かのトライアルを経て使い分け方を決めたので、スムーズな使い…

手帳活用にも「ビジョン」を設定する[楽しむ手帳術]

2017年も4月の半ばになりました。 そろそろ、1月から使い始めた手帳を持て余す人、4月始まりの手帳をまだ決めきれない人が出るころです。 そこにはいくつかの原因がありますが、そのひとつが「使い方」にこだわっていること。 使いこなそうという意識が強す…

目的に応じて手帳とノート、デジタルとアナログを使い分ける方法(2017年4月編)[楽しむ手帳術]

先日、週間レフト式の手帳としてNOLTYライツ3を加えたことで、手帳は「ほぼ日手帳カズン」「システム手帳」「NOLTYライツ3」の3冊編成となりました。 これによって、目的に応じた手帳の使い分け、手帳とノートの使い分け、デジタルとアナログの使い分けがよ…

2017年の週間レフト式手帳に「NOLTYライツ3/能率手帳」を選んだひとつの理由[楽しむ手帳術]

今年2017年の手帳は「ほぼ日手帳カズン」と「システム手帳」の2冊使いでスタートしました。 ほぼ日手帳カズンにはライフログと日記を書くことで「心身を整える」役目を、システム手帳にはアイデアや学び・気づきを書き、またリフィルを並び替えることで「思…

ライフログとしてのほぼ日手帳の使い方(費目に分けない支出管理編)[楽しむ手帳術]

ほぼ日手帳カズンは「心身を整える」手帳として、主にライフログと日記を書いています。 totonoeru.hateblo.jp ライフログの項目は生活で何を重視するかによって変わるので、人それぞれだとは思いますが、共通する重点項目というものはあると思います。 前回…

週間レフト式手帳:「NOLTYライツ3」と「ほぼ日手帳WEEKS」の比較レビュー【中身編その2】

週間レフト式手帳の候補にあげた、能率手帳「NOLTYライツ3」とほぼ日手帳「WEEKS」の比較レビュー。 前回は「中身編その1」として、年間予定表・月間予定表・週間見開きページの3つを比較レビューしてみました。 totonoeru.hateblo.jp 今回は「中身編その2」…

続ける仕組みにはコツがある!ほぼ日手帳を挫折せずに使い続ける10のルール[楽しむ手帳術]

手帳の使い方は職場や仕事の内容、生活スタイルの変化に影響を受けて変わってきましたが、ここ3年くらいでほぼ毎日書けるようになってきました。 自分なりの使い方を考えるのと同じくらい他人の使い方にも興味があるので、たまに「ほぼ日手帳 使い方」とかで…

週間レフト式手帳:「NOLTYライツ3」と「ほぼ日手帳WEEKS」の比較レビュー【中身編その1】

週間レフト式手帳の候補にあげた、能率手帳「NOLTYライツ3」とほぼ日手帳「WEEKS」の比較レビュー。 前回は「外側編」として、表紙や大きさ・重さ、小口などを比較してみました。 totonoeru.hateblo.jp 今回は「中身編」として、年間予定表・月間予定表・週…

週間レフト式手帳:「NOLTYライツ3」と「ほぼ日手帳WEEKS」の比較レビュー【外側編】

現在はほぼ日手帳カズンとシステム手帳の2冊で運用しているのですが、ここに「週間レフト」式の手帳を加えることを検討しています。 totonoeru.hateblo.jp 候補は能率手帳の「NOLTYライツ3」とほぼ日手帳の「WEEKS」の2つまで絞り込んだのですが、前回の検討…

休日ページに「レシート」を貼るだけでも、しっかりとしたライフログになる[楽しむ手帳術]

毎日の手帳生活。 仕事のある平日は頻繁に開くので書き込みも充実しているけど、休日はなかなか開く機会がないので白紙のまま。 何もしていないわけではないけど、何だか寂しく見える。 そんな方におすすめしたいのが、買い物をした「レシート」を貼るという…

ライフログとしてのほぼ日手帳の使い方(睡眠・食事・排泄編)[楽しむ手帳術]

ほぼ日手帳カズンは「心身を整える」手帳として、主にライフログと日記を書いています。 totonoeru.hateblo.jp ライフログの項目は生活で何を重視するかによって変わるので、人それぞれだとは思いますが、共通する重点項目というものはあると思います。 今回…

週間レフト式手帳を「NOLTY(能率手帳)」にするか「ほぼ日手帳WEEKS」にするか思案中

今年2017年の手帳編成は、「ほぼ日手帳カズン」と「システム手帳」でスタートしています。 totonoeru.hateblo.jp ほぼ日手帳にはライフログと日記を書き、「心身を整える」役目を持たせています。 対してシステム手帳には、リフィルの並べ替えが自由に行える…

手帳の使い分け ~ほぼ日手帳とシステム手帳~(2017.03編)

昨年まではライフログ用としてほぼ日手帳のオリジナル版(文庫本サイズ))を使っていたのですが、今年からA5サイズのカズン版に変えて、システム手帳と併用しています。 定点観測も兼ねて、手帳の使い分け方をご紹介。 (それぞれの具体的な使い方は、別記…