はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

楽しむ手帳術

#手帳会議 2018 その3 ~「ほぼ日5年手帳」の活用方法を考える~

今年8月末と9月に来年2018年に向けた「手帳会議」を行って、3ヶ月ほどが経ちました。 #手帳会議 2018 #手帳会議 2018(続きからの、まさかの結論) 前回までの手帳会議のおさらいと現状 用途的にはノートで足りていても、別に欲しくなるのが「ほぼ日5年手帳…

未来の日記を過去形「~した」「~となった」で書くと、割りとそうなる[楽しむ手帳術]

日記は通常、その日にあったことやしたことを書きます。 「実際にあった過去」として書くわけですね。 理屈を考えなくても、ほとんどの人がそうすると思います。 これに対して、時々なのですが、「まだ起きていない未来のこと」を日記形式で書くことがありま…

休日こそ万年筆と手帳を手に、ゆったりした思考を楽しむ[楽しむ手帳術]

筆記具ととしては、ボールペンの「JetStream」と、万年筆の「パイロットキャップレス」「カクノ(kakuno)」の3つを中心に使い分けています。 仕事では打合せ時など、速記を求められる場合には乱暴に書きなぐるスピードについてこられる「JetStream」がメイ…

#手帳会議 2018(続きからの、まさかの結論)

手帳活用のあり方・やり方を考える、2回目の手帳会議。 第1回目の手帳会議はこちら。 totonoeru.hateblo.jp 手帳に持たせたい役割はだいたい見えてきましたので、それぞれの役割にどの手帳をツールとして当てはめるか、が今回の議題となります。 スケジュー…

まるでヌメ革のような滑らかな手触り!「ミドリ MDノート」のA5ペーパーカバー[楽しむ手帳術]

来年に向けて「手帳会議」をしているのですが、活用目的やツールの要件を整理していたら、手帳ではなくノートのほうが適しているのではというものが出てきました。 #手帳会議 2018 - はたらく・暮らす・整える そこで早速、ミドリ MDノート A5 方眼罫を購入…

#手帳会議 2018

考えを深めてまとめるための記事です。 現在使用している手帳は4月始まりなので、あと半年以上も残り期間があります。 ですが、ほぼ日手帳やジブン手帳が早くも2018年の手帳を発表し、手帳沼界隈が途端に賑やかになっています。 その雰囲気を目の前にしてじ…

手帳の使い分け ~能率手帳とシステム手帳~ (2017.07編)[楽しむ手帳術]

今年6月までは、ほぼ日手帳と能率手帳、それにシステム手帳の3冊を使い分けてきました。 totonoeru.hateblo.jp 時系列であることが重要なものは「綴じ手帳(ほぼ日手帳と能率手帳)」に、内容による並べ替えが重要なものは「システム手帳」といった方針によ…

リフィル型「穴あけパンチ」は、なんでもシステム手帳に取り込んでしまう万能ツール[楽しむ手帳術]

システム手帳を使っていると、やりたくなるのが資料や自作リフィルを綴じ込むこと。 ただしそのためには、システム手帳の規格にあった適切な位置と大きさの穴をあける必要があります。 そこで登場するのが、システム手帳用の「穴あけパンチ」。 様々なタイプ…

カードホルダーリフィルを装着。紙以外のリフィルを綴じるとシステム手帳らしさが増す[楽しむ手帳術]

2017/07/26のシステム手帳 --------------------------------- カードポケットリフィルを装着。財布から比較的使用頻度が低いカードを移動して手帳を「第二の財布」とし、財布本体を薄っぺらに。代わりにシステム手帳が育った。 ---------------------------…

分厚くてでかいだけがシステム手帳じゃない!「ジャストリフィルサイズ」という選択もある[楽しむ手帳術]

多彩な種類のリフィルが選べて、抜き差しや並べ替えなどの自由度の高さがシステム手帳の特徴ですが、一般的に「でかい」「分厚い」「持ち運びに不便」などのイメージもつきまとっています。 わたしも使い始めるまでは、少なからずそんなイメージを持っていま…

100均ショップ・セリアの「iPad miniケース」が、システム手帳の収納ケースにぴったり[楽しむ手帳術]

システム手帳をメインに使っているのは、中身(リフィルやテンプレート自作)のカスタマイズの自由度もさることながら、本体の革の手触りや風合いを楽しむためでもあります。 ただし、革は傷がつきやすいのが難点。 持ち運びのためにカバンに入れておくと、…

システム手帳のデイリーページはリフィルの角を切り落として、即座に「今日」のページを開けるようにする[楽しむ手帳術]

システム手帳はインデックスでカテゴリー分けをしていますが、そのなかでも開く頻度が高いのが「毎日のライフログ」。 1ページを1日分として、その日のライフログをサマライズしています。 [2017/07/14〜2017/07/15]のシステム手帳 * 休日のライフログの取…

「ドット方眼」リフィルで文字も図も、思考の発散を自由自在に[楽しむ手帳術]

メインの手帳として出番の多いシステム手帳は、主に次の用途で使用しています。 毎日のライフログ お弁当料理のレシピメモ アイデアメモ 本やブログからの引用 支出記録 このうち、支出記録は「月間ダイアリー」のリフィルを使いますが、そのほかはすべて「…

マスキングテープで、システム手帳リフィルの抜き差しを簡単に[楽しむ手帳術]

最近いじくるのが楽しくて仕方がないシステム手帳。リフィルの穴をマスキングテープで補強して切り込みを入れ、リングを開けなくても抜き差しできるようにしました。 Nobuhisa Obaraさん(@nob_oba0125)がシェアした投稿 - 2017 7月 18 5:48午後 PDT リフィル…

ほぼ日手帳の使い方:1日ページのライフログに写真を添えるシンプルな方法[楽しむ手帳術]

今回は、ライフログのメインページとして使っている「1日ページ」を彩る写真の貼り方についてまとめてみたいと思います。 写真を「1日ページ」に貼る手順 コピー用紙とプリンター、それにハサミとスタンプのりを使います。 「定期券サイズ」×「2ページ集約」…

カチッ!ノック式万年筆「パイロットキャップレス」で思考のスイッチを入れよう!!

以前からボールペンやシャープペンシルではなく「万年筆」を普段使いの筆記具として使ってきましたが、これまでメインで使ってきたのは廉価版の万年筆である「kakuno(カクノ)」でした。 値段の割には書き味のよいペン先で、これはこれで重宝していたのです…

週間レフト式手帳には、タスク(やること)ではなく週の目標(どうありたいか)を記載する[楽しむ手帳術]

週間レフト式の手帳「NOLTYライツ3」を使い始めて3ヶ月が経ちました。 totonoeru.hateblo.jp 1日1ページタイプのほぼ日手帳をメインに使ってきたわたしにとって、初めての週間レフト式手帳ですが、コンセプトと実際の運用がぴったりとはまって実に快適に使う…

手帳が脳にとっての外部記憶装置とモニターになることで、思考がはかどりストレスが軽減される[楽しむ手帳術]

脳には、「思考する」機能と「記憶する」機能の2つがあります。 普段はこの2つを同時に機能させているのですが、記憶する役割が大半を占めると思考する機能レベルがぐっと低下します。 よく聞く、「やることがたくさんあるけど、何から手をつけたらいいか分…

「覚える」のではなく、「考えて」「判断する」ことに頭を使うために手帳を使う[楽しむ手帳術]

考えに詰まったときや、ふとしたすきま時間にはとりあえず手帳を開くことにしています。 手帳のページを開いたら、頭に浮かんでいる言葉を、浮かんだままにメモします。 その時によって、キーワードだったり文章だったり図だったりと様々ですが、深く考える…

日常の出来事に、記事タイトルをつけてみる。普通の日が「ちょっとだけ人に話したいことがあった日」に[楽しむ生活術]

ブログを始めてからの癖なのですが、ふとした瞬間に頭のなかで「その日あった出来事にタイトルをつけてみる」ということをやっています。 タイトルをつける出来事は、それ自体は特別なことではありません。 特別なことではありませんが、タイトルをつけてみ…

週に一度は手帳に「Myタイム(自分だけの時間)」を緑色の文字で書き込む[楽しむ手帳術]

スケジュールを仕事の重要な要件で埋める前に、「休日スタンプ」で休みの予定を先に確保しましょうということを書きました。 totonoeru.hateblo.jp もう1つ、手帳にスケジュールを書き込む際に行っていることがあります。 それは、「Myタイム」=自分だけの…

すきま時間には何もなくても、とりあえず手帳を開く3つの理由[楽しむ手帳術]

週のアポイントと目標をセルフマネジメントするものとして、週間レフト式の手帳「NOLTYライツ3」を常に上着のポケットに入れて携帯しています。 また、「生活を整える」ためのライフログ記入用として、ほぼ日手帳カズンを机の上にいつも開いた状態で置いてい…

メモは読み返してナンボなので、書き込む際はペンをあえて色分けしない[楽しむ手帳術]

メモ帳は「ユビキタス・キャプチャー」という言葉が自然と馴染むまで、常に持ち歩いてなんでも書きつけたいと考えています。 メモは内容がなんであれ、書かないより書いてあるほうがいいので黒インク一本でも問題ないのですが、重要度やテーマによって「黒・…

ライフログをデジタルで記録していても、アナログな手帳に「サマライズ」するたった1つの理由[楽しむ手帳術]

先日は、生活習慣をマネジメントするための5つのライフログ項目「睡眠」「食事」「運動」「排便」「メンタル」を記録することが、良い習慣のベースをつくるということをお伝えしました。 20代で知っておくべき5つの生活習慣マネジメント項目[楽しむ生活術]…

記号や略語を使うと「マイ手帳」の愛着がわいてくる。方法もあわせてご紹介[楽しむ手帳術]

週間レフト式の手帳「NOLTYライツ3」を使い始めて1ヶ月が経ちました。 2017年の週間レフト式手帳に「NOLTYライツ3/能率手帳」を選んだひとつの理由[楽しむ手帳術] - はたらく・暮らす・整える 携帯性に優れているのでオン・オフ問わず持ち歩いているので…

休みの予定を真っ先に書き込んでブロックする。休日スタンプのすすめ[楽しむ手帳術]

スケジュールは重要な要件から埋めていくと言われていますが、それより先に埋めるべきものがあります。 それは、「休み」の予定。 忙しいから休む暇がないのではない。休みを先に決めないから忙しくなる いつもせかせかしている人はよく言います、「やること…

先週のトピックスを1日1文でまとめて1週間を総括することで、今週のアップデートにつなげる[楽しむ手帳術]

月曜日になりましたので、先週1週間を振り返る「週次レビュー」からスタート。 仕事面の振り返りだけではなく、趣味や家庭などのプライベートも含めた生活全般を振り返るようにしています。 仕事ノートとほぼ日手帳を使った、先週のトピックスまとめ手順 具…

手帳とノート、どちらに書くか迷うものは付せんに書いて移動可能にしておく[楽しむ手帳術]

複数冊の手帳とノートを、目的に応じて使い分けしています。 目的に応じて手帳とノート、デジタルとアナログを使い分ける方法(2017年4月編)[楽しむ手帳術] - はたらく・暮らす・整える 何度かのトライアルを経て使い分け方を決めたので、スムーズな使い…

手帳活用にも「ビジョン」を設定する[楽しむ手帳術]

2017年も4月の半ばになりました。 そろそろ、1月から使い始めた手帳を持て余す人、4月始まりの手帳をまだ決めきれない人が出るころです。 そこにはいくつかの原因がありますが、そのひとつが「使い方」にこだわっていること。 使いこなそうという意識が強す…

目的に応じて手帳とノート、デジタルとアナログを使い分ける方法(2017年4月編)[楽しむ手帳術]

先日、週間レフト式の手帳としてNOLTYライツ3を加えたことで、手帳は「ほぼ日手帳カズン」「システム手帳」「NOLTYライツ3」の3冊編成となりました。 これによって、目的に応じた手帳の使い分け、手帳とノートの使い分け、デジタルとアナログの使い分けがよ…