はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

楽しむ仕事術

仕事は「頑張って行うもの」「生活のために仕方なく行うもの」と思っていませんか?

仕事は「自分が打ち込める才能」と「成果が出る分野」を掛け合わせて、楽しんで行うものです。ラクとは違いますが、我慢して耐え忍ぶものではありません。

ただし、そのためには「知って」「実際に行動して」「身につける」方法論も必要。日常的な取り組みから目的別のメソッドまで幅広くご紹介します。

メールにかける時間を1/10に減らしたが、何の問題も無く仕事は進んでいる

今年2020年は、成果につながる仕事により一層注力することがテーマの1つ。 注力することがあるということは、いかに「それ以外をやらない」かにかかっているとも言えます。 手始めに、メールに関する「ムダ」をいくつか取り除きました。 1つは、組織である…

いまだに「理系/文系」でクラス分けする教育現場、その垣根がすでに意味をなさないのがリアルな仕事の現場

先日、高校1年生の娘の進路調査用紙に、保護者のサインを求められました。 進路自体は娘本人が中学生の早い段階からしっかり考えているので、どんな方向性を目指していようと、とやかくは言いません。 ただ、その進路調査用紙で引っかかったのが、「理系/文…

人に相談する時のお作法2つ

自分の頭で考えて、自分で答えを出すのはとても重要なこと。 ただし、それはあくまでも考えるという「プロセス」を踏んでのこと。 間違いやすいのは、「考え方」が分からず「考える材料」も無いのに、「頑張って考えています」という場合。 考え方とそこで使…

46歳からPythonでプログラミングに挑戦しようと思う

社会人になって20数年が経ちますが、学生の頃より圧倒的に勉強しています。 むしろ、歳と経験を重ねるほど学ぶことが増えていると言えます。 逆に、もしこの学びを止める、あるいは減らしたらどうなるか? それは、現状維持にはならず、そのまま「退化」「衰…

自分の仕事の役割として「データプランナー」を名乗ってみる(ただし、暫定)

今年春の異動で、経営企画部門から営業企画部門へ移りました。 データ分析に基づく販売戦略及び営業施策策定の仕組み構築を託されてのものです。 これは、CRMやSFAを導入して10年以上経ちながらも、ファクトに基づく要因掘り下げが行われないままに、施策乱…

PCデスクトップ上にはゴミ箱以外一切置かない2つの理由と2つの要件

先日、仕事で使うデスクトップPCをあらたに購入しました。 以前のものに不満は無かったのですが、ここ1ヶ月くらいでブルースクリーンが頻発するようになり、強制的に再起動される状況が発生して運用に耐えられなくなったためです。 新規に購入するにあたり、…

5分「考え」ても分からなければ、それは「迷っている」だけだから人に聞く[楽しむ仕事術]

6月までは実質的な「ひとり部署」だったので、いつ何をするか、どうやってやるかも常に自分一人で自問自答していました。 7月に異動があり、5年ぶりに同僚がいる環境で仕事をしています。 そこでは指導的役割が求められているのですが、同じ部署の後輩にひと…

OneNoteにWebページをクリップするには、スマホやタブレットではなくPCのChrome拡張機能を使う

OneNoteを使わない日はありません。 仕事中は作業記録としてPCで開きっぱなしにしていますし、読書ノートとしても使っているので、自宅や移動時にスマホやタブレットで使用することもしばしば。 そんな中で困っていたのが、Webページのクリップ。 参考資料と…

タブレットを活用できるかどうかは、常に持ち歩いているかどうかという単純なことに要因がある

仕事ではiPad miniを、私用ではAndroidタブレットを使っています。 以前はiPhoneがメインでしたが、仕事でもプライベートでもタブレットを使う場面が増えています。 タブレットを活用できていなかった頃と、頻繁に使うようになった現在の相違点 変わったのは…

ビジネスツールの「社内移動用」に、コクヨのバッグインバッグ〈Bizrack up〉が良さそう

あと2ヶ月ちょっとで年度が替わり、4年在籍した部門から別の部門へと異動する予定です。 これまではどちらかと言うと1人でじっくり取り組む仕事が多かったのですが、異動したらチームで取り組む仕事が多くなりそうです。 業務内容が変わることで働き方も変え…

旧iPad mini用に外付けキーボードを注文。カバータイプではなく、充電式でもないものを選択

会議・打合せ時はSurface Proを使っていたのですが、思いのほかバッテリーの減りが早く、打合せが続くと議論の内容よりバッテリー残量がついつい気になるように。 用途としてはOneNoteへのメモがメインなので、PCじゃなくてもいいことに気づき、メール主体で…

Androidタブレットのマルチウインドウは、縦持ち一択

先日「Androidタブレットのマルチウィンドウ機能で読書が飛躍的にはかどるように」ということを書きました。 読書以外にもマルチウインドウ機能の活用を図っているのですが、問題は「横向き」に持つか「縦向き」に持つかということ。 Huaweiのサイトなどでは…

Androidタブレットのマルチウィンドウ機能で読書が飛躍的にはかどるように

8インチのAndroidタブレットを日常的に持ち歩くようになって、まず変わったのは読書。 ディスプレイが少し広くなるだけで、読書量が変わる 元々、スマホのKindleで本を読んでいたのですが、1回10分程度と短かったものがタブレットを使うようになって、30分以…

せっかくAndroidタブレットを使い始めたので、iOS以外の音声入力方法を試しています

初めてのAndroidタブレットを使い始めて1週間ほどなのですが、音声入力のツールを色々と試しています。 デフォルトのキーボードは「iWnn IME」というもの。 音声入力には「Google音声入力」の機能を使っているそうで、音声の認識はまずまず。そこそこ変換し…

タブレットも「スマホリング」でグッと持ちやすくなる

Androidタブレットを使い始めて、1週間が経ちました。 机に取り付けたアームスタンドに固定して顔の高さに持ってきて、手ぶら状態で使っています。 ただし、机の前で長時間使っていると同じ姿勢をとり続けることになるので、時折タブレットを手に持って、寝…

「手ぶら」でタブレット

タブレットはスマホに比べて画面が広いのが魅力ですが、大きくなる分どうしても重くなります。 しばらく手に持ったままにしていると、重さで手がだるくなってしまう。 かといって、机の上のスマホスタンドに立てかけると、首を下に傾けて見下ろすようなかた…

タブレットを視線の高さで宙に浮かしてみる

自宅で会社の仕事をする場合は、iPad miniを使用しています。 使用時はスマホスタンドに立てかけるかたちで机の上に置いていますが、これだとどうしても常に見下ろす姿勢になってしまいます。 また、音声入力する際にしゃべったことの実際の文字への反映を目…

脱Appleはタブレットから

自宅での作業用に、使用目的から考えてPCではなくタブレットにしようと決めてから1週間。 脱PCと合わせて、脱Appleを図ることにしました。 Appleの目指す高機能化路線は、自分の求める高機能ではない iPad Proがラインナップに登場してから、高機能・高価格…

自宅用にPCを買おうと思ったが、用途を考えるとタブレットよりディスプレイが大きいことしかメリットがないことに気づいた

仕事はデスクワークが多いので、ほぼ1日中PCを使います。 打合せなどの対面のコミュニケーションも含めて、PCを使わない仕事はないでしょう。 一方で、自宅用のPCは数年前に壊れたのと当時年賀状くらいにしか使っていなかったので、長い間PC無しで過ごしてき…

iPhoneでGoogleドキュメントに音声入力しながら、WindowsのGoogleドキュメントで同時にキーボード修正していく

ブログ記事は音声入力で作成しているのですが、会社ではウィンドウズPCでキーボード操作をして資料作成しています。 ただ、一度音声入力の快適さに慣れてしまうと、その反面、それまで当たり前のようにやってきたキーボード入力が遅く感じられてしまいます。…

マルチディスプレイで1台はメインの作業場、サブはOutlookとOneNoteを常駐

自宅で仕事をする場合の作業環境を定点観測したので、職場の作業環境も定点観測しておきたいと思います。 タブレットは縦置きにして、音声入力をメインに、外付けキーボードは修正用にしました ディスプレイの役割分担 デスクワークが主体なので、デスクトッ…

iOSの音声入力が勝手に中断するのを回避したい

ブログ記事は主に音声入力で作成しています。 スマホのフリック入力もそれなりに早いとは思うのですが、音声入力のそれにはかないません。 隙間時間でもかなりはかどるようになりました。 タブレットは縦置きにして、音声入力をメインに、外付けキーボードは…

タブレットは縦置きにして、音声入力をメインに、外付けキーボードは修正用にしました

自宅で仕事をする場合の作業環境を変更したので、定点観測として記録しておきます。 iPad miniは横向き使用から、情報一覧性の高い縦置きに変更 軽めの仕事をする場合は、会社から貸与されているiPad miniを使っています。 ノートPCの社外持ち出し許可を得て…

書類には穴を開けず綴じないことで、滞留しない仕組みとする[楽しむ仕事術]

いつの間にか机の引き出しやキャビネットに溜まっていく代表格といえば、紙の書類。 ファイリング技術で整頓しても、かけた労力ほど活用されないのが現実。 これを解決するのが、「穴を開ける」「綴じる」をやめて、「投げ込む」だけに変える方法。 早速、ご…

カバンの中身をすべて取り出すことで、翌日のシミュレーションを行う[楽しむ仕事術]

お客様先で渡そうと思っていた資料が見当たらない、出張先で宿泊に必要なグッズが入っていなかった、なんだかいつもカバンが重い。 「アレがない」「コレなんで入っているんだ?」そんな経験に心当たりありませんか? そんなことをもう起こさない習慣は、2つ…

2~3分で済む手作業を、時間をかけて自動化する[楽しむ仕事術]

昨今話題の働き方改革。 働く場所や時間のフリー化や、マネジメントの個別最適化など働くひとを主体としたいくつかの課題がありますが、並行して「生産性向上」も求められます。 むしろ、生産性向上自体が働き方改革のゴールなのかもしれません。 生産性向上…

面倒くさがりだからこそ、クリーンデスクに始まりクリーンデスクに終わる[楽しむ仕事術]

面倒くさがりで気が散りやすい私ですが、だからこそ、デスク上にPCと筆記具以外何も置かないクリーンデスクを徹底しています。 その理由について、ご紹介したいと思います。 朝のクリーンデスクは「シングルタスク」に集中するため 朝の仕事を開始する際に、…

その日の仕事を1つの「ゴール」と3つの「MIT」に絞る[楽しむ仕事術]

仕事は際限なくある。 しかし、時間は有限。 できれば、頑張りが成果に結びつくことに取り組みたい。 この問題の解決策について、考えてみたいと思います。 やることはたくさんあるけど、達成感が得られない矛盾への対処 自分の担当として持っているタスク、…

仕事を楽しめるようになるシンプルな方法

「好きなことを仕事にしたい」という人は多いものの、実際のところ好きなことだけを仕事にできている人は少なく、そもそもにして仕事にしたい好きなことが何なんかすら分からない人が大半。 それでも、好きなことを見出して、その好きなことと仕事を「寄せる…

会社員ブロガーの自転車通勤夏仕様のカバンの中身[2018.08版]

様々なログをブログには記してきましたが、「カバンの中身」についてはまだ書いていませんでした。 夏の暑さ真っ盛りを前に、容量重視のビジネスリュックから軽量・ミニマルなショルダーバッグへと変更したので、定点観測としてまとめておきたいと思います。…