はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

楽しむ仕事術

仕事は「頑張って行うもの」「生活のために仕方なく行うもの」と思っていませんか?

仕事は「自分が打ち込める才能」と「成果が出る分野」を掛け合わせて、楽しんで行うものです。ラクとは違いますが、我慢して耐え忍ぶものではありません。

ただし、そのためには「知って」「実際に行動して」「身につける」方法論も必要。日常的な取り組みから目的別のメソッドまで幅広くご紹介します。

タブレットを視線の高さに宙に浮かしてみる

自宅で会社の仕事をする場合は、iPad miniを使用しています。 使用時はスマホスタンドに立てかけるかたちで机の上に置いていますが、これだとどうしても常に見下ろす姿勢になってしまいます。 また、音声入力する際にしゃべったことの実際の文字への反映を目…

脱Appleはタブレットから

自宅での作業用に、使用目的から考えてPCではなくタブレットにしようと決めてから1週間。 脱PCと合わせて、脱Appleを図ることにしました。 Appleの目指す高機能化路線は、自分の求める高機能ではない iPad Proがラインナップに登場してから、高機能・高価格…

自宅用にPCを買おうと思ったが、用途を考えるとタブレットよりディスプレイが大きいことしかメリットがないことに気づいた

仕事はデスクワークが多いので、ほぼ1日中PCを使います。 打合せなどの対面のコミュニケーションも含めて、PCを使わない仕事はないでしょう。 一方で、自宅用のPCは数年前に壊れたのと当時年賀状くらいにしか使っていなかったので、長い間PC無しで過ごしてき…

iPhoneでGoogleドキュメントに音声入力しながら、WindowsのGoogleドキュメントで同時にキーボード修正していく

ブログ記事は音声入力で作成しているのですが、会社ではウィンドウズPCでキーボード操作をして資料作成しています。 ただ、一度音声入力の快適さに慣れてしまうと、その反面、それまで当たり前のようにやってきたキーボード入力が遅く感じられてしまいます。…

マルチディスプレイで1台はメインの作業場、サブはOutlookとOneNoteを常駐

自宅で仕事をする場合の作業環境を定点観測したので、職場の作業環境も定点観測しておきたいと思います。 タブレットは縦置きにして、音声入力をメインに、外付けキーボードは修正用にしました ディスプレイの役割分担 デスクワークが主体なので、デスクトッ…

iOSの音声入力が勝手に中断するのを回避したい

ブログ記事は主に音声入力で作成しています。 スマホのフリック入力もそれなりに早いとは思うのですが、音声入力のそれにはかないません。 隙間時間でもかなりはかどるようになりました。 タブレットは縦置きにして、音声入力をメインに、外付けキーボードは…

タブレットは縦置きにして、音声入力をメインに、外付けキーボードは修正用にしました

自宅で仕事をする場合の作業環境を変更したので、定点観測として記録しておきます。 iPad miniは横向き使用から、情報一覧性の高い縦置きに変更 軽めの仕事をする場合は、会社から貸与されているiPad miniを使っています。 ノートPCの社外持ち出し許可を得て…

書類には穴を開けず綴じないことで、滞留しない仕組みとする[楽しむ仕事術]

いつの間にか机の引き出しやキャビネットに溜まっていく代表格といえば、紙の書類。 ファイリング技術で整頓しても、かけた労力ほど活用されないのが現実。 これを解決するのが、「穴を開ける」「綴じる」をやめて、「投げ込む」だけに変える方法。 早速、ご…

カバンの中身をすべて取り出すことで、翌日のシミュレーションを行う[楽しむ仕事術]

お客様先で渡そうと思っていた資料が見当たらない、出張先で宿泊に必要なグッズが入っていなかった、なんだかいつもカバンが重い。 「アレがない」「コレなんで入っているんだ?」そんな経験に心当たりありませんか? そんなことをもう起こさない習慣は、2つ…

2~3分で済む手作業を、時間をかけて自動化する[楽しむ仕事術]

昨今話題の働き方改革。 働く場所や時間のフリー化や、マネジメントの個別最適化など働くひとを主体としたいくつかの課題がありますが、並行して「生産性向上」も求められます。 むしろ、生産性向上自体が働き方改革のゴールなのかもしれません。 生産性向上…

面倒くさがりだからこそ、クリーンデスクに始まりクリーンデスクに終わる[楽しむ仕事術]

面倒くさがりで気が散りやすい私ですが、だからこそ、デスク上にPCと筆記具以外何も置かないクリーンデスクを徹底しています。 その理由について、ご紹介したいと思います。 朝のクリーンデスクは「シングルタスク」に集中するため 朝の仕事を開始する際に、…

その日の仕事を1つの「ゴール」と3つの「MIT」に絞る[楽しむ仕事術]

仕事は際限なくある。 しかし、時間は有限。 できれば、頑張りが成果に結びつくことに取り組みたい。 この問題の解決策について、考えてみたいと思います。 やることはたくさんあるけど、達成感が得られない矛盾への対処 自分の担当として持っているタスク、…

仕事を楽しめるようになるシンプルな方法

「好きなことを仕事にしたい」という人は多いものの、実際のところ好きなことだけを仕事にできている人は少なく、そもそもにして仕事にしたい好きなことが何なんかすら分からない人が大半。 それでも、好きなことを見出して、その好きなことと仕事を「寄せる…

会社員ブロガーの自転車通勤夏仕様のカバンの中身[2018.08版]

様々なログをブログには記してきましたが、「カバンの中身」についてはまだ書いていませんでした。 夏の暑さ真っ盛りを前に、容量重視のビジネスリュックから軽量・ミニマルなショルダーバッグへと変更したので、定点観測としてまとめておきたいと思います。…

明日ではなく2日先のブログ記事を書く、2つ先の仕事から手をつけると自然と間を埋めたくなる[楽しむ仕事術]

ブログは1週間単位でどの日に何を書こうか、だいたい決めてから記事作成に入ります。 この時、曜日の順に書くのではなく、次のその次のものを先に書くことがあります。 ブログ記事は曜日順ではなく、2日先のことから書く 明日更新する記事が手間のかかるもの…

休憩時間を仕事時間から天引きしてから、残った時間で生産性を上げる[楽しむ仕事術]

マラソンでは給水が大事なポイントですが、喉が渇いてから給水したのでは遅く、時には遅れたがために脱水症状になることも。 喉の渇きを感じる前に、計画的に給水計画を立てるのだそうです。 マラソンを例に上げましたが、これは特別な事例ではなく、日常の…

集中力が続かない場合、ノートに戻ってくる「目印」をつけておく[楽しむ仕事術]

自慢じゃないですが、ものごとに集中するのが苦手です。 ひとつのことに、30分、1時間、ましてや2時間も集中することができません。 無理に集中しようとすると、ものすごいフラストレーションが溜まってしまいます。 初めから集中することは諦めて、気になる…

地震発生時の出社・帰宅行動方針[自分メモ]

地震発生時に出社する・しない、勤務中の帰宅判断の目安を、いざという時に迷わないようまとめておきたいと思います。 出社前に地震が発生したら 家にいる時点で震度5以上の地震が起きたら出社しない(上司にメール) 出勤途中なら、最寄りの公共施設に身を…

モチベーションには頼らない、やる気を出さずとも仕事する7つのポイント[楽しむ仕事術]

GWの連休も終わり、仕事も生活も通常モードになりました。 4月に入社した新入社員が基礎研修を終えて、仕事本番に入る時期でもあります。 「さあ、やる気を出して頑張ろう!」と意気込みがちですが、これが一番危険。 やる気やモチベーションは瞬発的なエネ…

判断に迷った時は「やる」、その方が失敗が少なくなるその理由[楽しむ仕事術]

判断に迷った時の思考を分解すると、「達成したら面白いことになる“カン”は働いている」でも「その確証を裏付けるデータがない」状態と言えます。 カンというのは実はまったくの当てずっぽうではなく、それまでの成功経験や失敗経験をベースとした論理的な法…

集中できる環境にあえてせず、細切れに集中するという選択肢もある[楽しむ仕事術]

「まとめて集中できる時間を確保して効率を上げましょう」「集中を乱すものを視界から取り除いて集中力を高めましょう」という仕事術を、読んだことがある方は多いかと思います。 では質問です。 集中力を乱すものを視界から取り除いた環境を整えることはで…

問題解決よりも、「正しい」問題設定に時間をかける[楽しむ仕事術]

ビジネススキルのひとつに、「問題解決」があります。 いかに論理的かつ効率よく、問題解決の道筋をつけるか。 社員必須のスキルとして、教育研修カリキュラムに含めている企業も少なくありません。 ただ、混同しやすいのですが、問題解決のスキルの本質は「…

ノートの厚み、万年筆のインク補充に仕事の「積み重ね」を楽しむ[楽しむ仕事術]

仕事の醍醐味のひとつは目標を達成することですが、達成の喜びはその一瞬のこと。 それ以外は目標達成に向けた、長く苦しい道のりをたどる時間でもあります。 でも、そんな時間を楽しむ方法はあります。 ノートの厚みが、歩んできた仕事の積み重ねになる 毎…

iPhoneでポモドーロ!「集中」と「開放」のサイクルで時短を実現しつつ生産性を上げる[楽しむ仕事術]

「ポモドーロ・テクニック」という、仕事時間の使い方があります。 「25分集中して作業」したら「5分休憩」を取るというサイクルを1セットとして、これを4セット繰り返したら最後のセットの休憩は、15分~20分の長い休憩をとるというやり方になります。 ポモ…

スケジュール管理は「予定を埋める」ためではなく、「余白を見出す」ためにある[楽しむ仕事術]

現在一般的に使われている手帳は、その歴史において「時間軸の目盛り」を持つことで「タイムマネジメント」の概念を取り入れ、広く社会に普及してきました。 当時は「大量生産=成長」の高度成長期が背景にあったこともあり、「いかに時間を効率よく使いこな…

週次レビューを定期的に行うと、見落としがちな重要要素が見えてくる[楽しむ仕事術]

毎週月曜日の朝は、週次レビューからスタートします。 先週1週間のことを振り返るのですが、頭の中だけで思い出して振り返るのではなく、先週書いたノートや手帳の記述をたどって振り返りを行います。 振り返りで客観的な事実を確認する 週次レビューではま…

事件は現場で起きるのか、会議室で起きるのか[楽しむ仕事術]

昔の人気刑事ドラマで、「事件は会議室で起きているんじゃない!現場で起きているんだ!」という主役の男性刑事のセリフがありました。 一方で、女性高級官僚が「いいえ、事件は会議室で起きるのよ」と答える場面もありました。 ドラマですからフィクション…

早朝出勤するのは、「時間」ではなく「自分」が主導権を握るため[楽しむ仕事術]

早朝出勤を始めて、5年くらいになります。 交通事情にもよりますが、6時には家を出て、だいたい7時頃に出社しています。 その代わり、少なくとも週の半分以上は残業せずに定時で帰ります。 「時間」に使われるのか、「自分」が時間を使うのか 朝の始業時間に…

いいなと思う記事があったら、同じテーマで自分でも書いてみる[ブログ運営]

今年2018年のブログ運営の方針のひとつに、「いいなと思う記事があったら、同じテーマで自分でも書いてみる」というものがあります。 好きなブログでネタや書き方など、少しでもいいなと感じた記事があれば、真似して自分でも書いてみる。 いいなと思う記事…

ルーチンワークもクリエイティブ業務も「仕組みづくり」に注力する[楽しむ仕事術]

毎月月初はルーチンワークからスタートします。 主に、各部門の前月実績報告を受け取って内容確認するとともに集計し、戦略目標に対する組織全体及び部門毎の進捗を把握できるようにします。 会議では、この資料をもとにどの施策にリソースを注力するのか、…