広汎性発達障害の女が毒を吐くブログ

はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

まるでヌメ革のような滑らかな手触り!「ミドリ MDノート」のA5ペーパーカバー[楽しむ手帳術]

来年に向けて「手帳会議」をしているのですが、活用目的やツールの要件を整理していたら、手帳ではなくノートのほうが適しているのではというものが出てきました。

そこで早速、ミドリ MDノート A5 方眼罫を購入してトライアルを開始。

主に、日々のライフログと日記、気づきやアイデアのメモ、情報スクラップに使っています。

今のところ順調にイメージ通りの使い方が出来ているのですが、MDノートは他にはないシンプルさ故に「表紙」がありません。

そのままでももちろんノートとしての使い勝手に問題はないのですが、やはり裸のままではなくきれいな状態で使いたいと思い、ノートカバーをつけることにしました。

とは言えシンプルさを損ないたくはないので、MDノート用のノートカバーを選択。

まるでヌメ革のような滑らかな手触り!ミドリMDノートのA5ペーパーカバー

一見するとヌメ革のように見えますが、「コルドバ」という紙でできています。

見た目だけではなく手触りも、経年変化をする前の革を触っているかのような滑らかさとしなやかさを感じさせます。

一方で、紙であることは間違いないので非常に軽く、カバーを装着する前と比較しても、手に持った重さにはほとんど変化がありません。

家でも会社でも毎日持ち歩く使い方となるので、この軽さと耐久性、手にしっとりとくる手触りは何とも言えないものがあります。

表側

縁が糸で縫われているのも、革っぽさを演出しています

MDのロゴを、型押しでさりげなく配置

内側

ノートを差し込む折り返しがあるだけのシンプルなつくり。

当然ですが、MDノートがこれ以上はないくらいのフィット感でしっかりと、さりとて窮屈ではないくらいに収まります。

まとめ

コルドバの紙カバーはA5サイズで900円と安いわけではないのですが、見た目・手触り・MDノートの相性から考えて、買って損はなかったと感じています。

また、紙なので使い込んでいるうちに細かな傷や折り目がついてしまいますが、そこもヌメ革のように経年変化を楽しめる密かなポイントです。

懸念点としては、MDノートを情報スクラップとしても使っているので、紙ものを貼っていくうちに分厚くなり、その際にノートとカバーのフィット感にどれくらい影響が出るかということ。

1冊使い終わる頃にまた、レポートしたいと思います。

煮卵とチーズちくわ揚げ弁当

本日のメニューは、

  • もち麦入り雑穀米ご飯に、ごま塩と梅干し
  • ちくわチーズ揚げ
  • 煮卵
  • ズッキーニのマヨ炒め
  • 新ジャガのカレーしょう油炒め

ちくわチーズ揚げ以外は全て、今週のつくりおき。

金曜日で食べ切って、来週の新メニューに備えます。

そろそろ、夏野菜から秋野菜に切り替えるタイミング。

夏場は使わなかった、きのこをたっぷり使ったメニューなんかもいいですね。

今週は息子の発熱で看病のために寝る時間が遅くなり、睡眠時間を十分には確保できないアクシデントがありましたが、なんとか5営業日中5回のお弁当づくりをすることができました。

週末はまだバタバタしそうなので、つくりおきまで手が回らないかもしれませんが、その時はその時で、冷凍食品も活用してお弁当づくりができるようにしたいと思います。

秋は果物の美味しい季節なので、果物の比率を高めた組み合わせでもいいかな。

目玉焼きのっけ丼弁当

本日のメニューは、

  • もち麦入り雑穀米ご飯
  • 目玉焼き
  • ウィンナー
  • ピクルス(ニンジン、ピーマン)
  • プルーンと冷凍マンゴー

卵は煮卵か厚焼き玉子にすることが多いのですが、ふいに思い出したように食べたくなるのが目玉焼き。

添えるのはもちろんウィンナーで、ご飯の上にのせるのが定位置。

家で目玉焼きを食べる際は「しょう油派」ですが、お弁当に入れる場合は「塩コショウ派」に変わります。

先週はその効果のほどを見せた「もち麦」ですが、今週はやや停滞気味。

お腹の調子がよくないわけではないのですが、期待ほどではないような。

食べ方の問題なのか、慣れによるものなのか。

来週は「玄米」にして、もち麦と週替わりに食べてみようかと考えています。

鯖の水煮弁当

本日のメニューは、

  • もち麦入り雑穀米ご飯に梅干し
  • 鯖の水煮
  • 煮卵
  • ズッキーニのマヨ炒め
  • 新ジャガのカレーしょう油炒め
  • プルーンと冷凍ミックスベリー

睡眠負債がたまって早起きをしんどくなってきたので、少し楽をしようと鯖の水煮缶を活用。

そろそろ食べ切りたい常備菜もあるのでそれも詰めたら、予定外にボリューミーなお弁当になりました。

本当は味噌煮が一番好きなんだけど、お弁当で食べ切るには味が濃すぎるので水煮に。

大葉を加えると、さっぱり感が出て、見た目ももう少し良くなるかもしれない。

今年はさんまも不良で高くなるらしいので、さんま缶も積極的に活用していこうと思います。

野菜ごろごろ弁当

本日のメニューは、

  • もち麦入り雑穀米ご飯にごま塩
  • 新ジャガのカレーしょう油炒め
  • ズッキーニのマヨ炒め
  • 煮卵
  • ピクルス(ニンジン、ピーマン)
  • プルーンと冷凍ミックスベリー

今週の主菜である炒めもの2品は、初めてつくったレシピ。

料理した時の味見ではちょうど良い味付けだったのですが、お弁当で食べると薄味でした。

冷めた状態で食べるお弁当用なら、素材の味を活かした薄味より、はっきりとした濃い目に味付けした方が、むしろ野菜の旨味を引き出してくれるのかもしれません。

ご飯をもち麦入り雑穀米にしてから、朝食もパンをやめて同じもち麦入り雑穀米ご飯にしています。

感じているメリットは3つあり、一つは腹持ちが良いので午前中の仕事に集中できること。

2つ目は、腸の働きが改善されたこと。

3つ目は、食後の睡魔に襲われることが少なくなったこと。

あと、なんとなくですが、肌の調子も良くなってきたように感じています。

マヨ炒めとカレーしょう油炒め弁当

本日のメニューは、

  • もち麦入り雑穀米に梅干し
  • ズッキーニのマヨ炒め
  • 新ジャガのカレーしょう油炒め
  • 煮卵
  • ピクルス(ニンジン・ピーマン)
  • プルーンと冷凍マンゴー

先々週に娘が体験学習で頂いてきた野菜が、家族4人でもなかなか消費しきれずに、お弁当の食材として再登場。

ズッキーニはマヨ炒めにして、特大ピーマンはピクルスにしてみました。

新ジャガは、家の裏で育てたプランター菜園から収穫したもの。

日照不足により小粒なものが多かったけど、味はまずまず。

まだ収穫していないのもあるので、もう1、2回くらいはお弁当に登場しそうです。

ビジネスリュックはミニトート活用で、デッドスペースとモノの死蔵を無くす[楽しむ仕事術]

晴れた日は片道14kmの道のりを自転車で通勤するので、通勤カバンにはビジネスリュックを愛用しています。

コンパクトですっきりしたデザインながらも容量がたっぷりあるのですが、縦に長いビジネスリュックは2つのデメリットがあります。

通勤カバンをビジネスリュックにする際の2つのデメリット

ひとつは、入れたものが底の方にたまりやすいということ。

もう一つは、収納スペースの上部の空間がデッドスペースになるということ。

ミニトートのバッグインバッグで解消

このデメリットを解消する手段として、100円ショップのセリアでミニトートバッグを2つ購入し、これを上下2段に積むカタチでリュックの中に収納しています。

わたしの場合は、下段になるミニトートにはお弁当箱を、上段のミニトートには手帳やノート、ペンケース(筆記具)に財布などを入れています。

こうすることにより、上部のデッドスペースが無くなり、手帳や財布など頻度高く使うものにアクセスしやすくなります。

また、帰宅時には2つのミニトートをリュックから取り出すことで底の方まで見渡せるので、下敷きになったものが死蔵してしまうということがありません。

ミニトート活用にはこんなメリットも

出社時には上部のミニトートを取り出せばすぐに仕事を始められる道具がそろい、昼時には下段のミニトートを取り出すことでランチタイムが始まります。

昼の休憩が終わる頃に下段のミニトートをリュックに入れ、定時になったら上段のミニトートをしまえば帰宅準備が完了です。

手間もかからず、忘れ物をすることもありません。

通勤カバンにビジネスリュックを利用する人が増えつつあるそうですが、上記のデメリットに悩む人も多くいるでしょうから、ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼通勤道具も仕事の一部。整え方を変えるだけで、驚くほど効率が良くなります

▼カバンひとつでミニマルな仕事道具を職場と家で往復するやり方は、この本を参考に構築しました