広汎性発達障害の女が毒を吐くブログ

はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

ほぼ日手帳の使い方:1日ページのライフログに写真を添えるシンプルな方法[楽しむ手帳術]

今回は、ライフログのメインページとして使っている「1日ページ」を彩る写真の貼り方についてまとめてみたいと思います。

写真を「1日ページ」に貼る手順

コピー用紙とプリンター、それにハサミとスタンプのりを使います。

「定期券サイズ」×「2ページ集約」で印刷する

スマホやデジカメで撮った写真をPCに転送し、手帳に貼りたい写真を必要数選択します。

画像の印刷指示から、「定期券サイズ」を選択します。

さらに、プリンターの印刷設定で「2ページ集約」を選びます。

ここの表現はプリンターによって違う(例の場合は、ページレイアウト:2in1)ので、2ページ分をA4用紙1枚にまとめて印刷する設定を選んでください。

こんな感じで、印刷されます。

写真1枚が、だいたい5センチ×4センチの大きさで出力されます。

ハサミで切って、スタンプのりで貼る

ハサミで写真を1枚ずつ切り取ります。チョキチョキと。

こんな感じ。

切り取った写真を手帳の上に一度広げてレイアウトを決め、スタンプのりで貼り付けます。

ぺたりと。

貼った写真の周りに、どんなシチュエーションだったとか、どんなことを考えた・感じたなどの、コメントをで書き添えます。

レシートを貼ることもあります。

外食であれば自分が何を食べたかもわかりますし、子供がどう喜んだかも、リアルに思い出せます。

完成!

プリンターで印刷して切り貼りするメリットとデメリット

デメリット

手間がかかります。

上記の通り、手順がちょっと多いので、少しまとまった時間がないと行えません。

メリット

(1)自分でサイズを決められるので、レイアウトが自由自在です。

上記の手順では、5センチ×4センチにしましたが、もっと大きく印刷してばーん!と貼ってもいいですし、あえて小さくして数多く貼ることもできます。

大きさを変えれば、レイアウトも自由に変えることができます。

(2)手帳が分厚くならない

通常の写真用紙は厚みがあるため、それを何枚も貼ると手帳が分厚くなってしまいます。

分厚くなるとカバンに入れても持ち歩けなくなるので、コピー用紙で厚みを抑えることは欠かせません。

(3)工作気分になれる

最近、ハサミとのりを使うことはありましたか?

大人になると意識しないとハサミで紙を切り、のりで貼る機会は訪れません。

たまにやると、子供のころの工作を思い出して、単純に楽しくなってきます。

(4)ライフログ追体験ができる

手間と時間をかけて切り貼りしていると、楽しかった体験がありありと思い出されます。

日々の生活に流されず、自分のささやかな体験を反芻することが、ライフログを単なる記録ではなく、彩りを持った貴重な成長記録にしてくれます。

まとめ

スマホで写真を撮ることは皆さんしょっちゅう行っているかと思います。

撮った写真をスマホで眺めてもいいのですが、手帳にも貼ってみてください。

雑誌をめくるような感覚で、スマホで眺めるよりも楽しく見返すことができます。

データとしての写真ではなく、紙の上のカタチある写真になるだけで感覚の違いを楽しめますので、ぜひやってみてくださいね。

100km目標達成!自転車通勤は習慣化できたけれど[習慣化レビュー 2017/06/23]

習慣化レビュー68日目。

習慣化レビューの背景と目的

仕事も生活も、知識や能力以上に毎日の「コンディションづくり」がものを言います。

(知識+経験)×コンディションの図式が成り立つからです。

そこで、睡眠・食事・運動など、日々の習慣化項目を日次でレビュー。

生活サイクルをPDCAで回していきます。

振り返ることが、明日の自分をデザインします。

▼習慣化レビュー開始のきっかけはこち

100km目標達成!自転車通勤は習慣化できたけれど[習慣化レビュー 2017/06/23]

今朝の自転車通勤14kmで、今週の運動習慣目標である100kmに到達しました。

ここ数週間は、週間目標達成もしくは100km一歩手前の状態をキープできているので、これはもう習慣化できていると言っていいでしょう。

毎日片道14km、往復28kmの道のりを走ることが、自分にとってのコンフォートゾーンになったことを実感しています。

あとは、東北北部も梅雨入りしたので、自転車通勤が途切れてしまうその時期をどう乗り切るかだけ。

一方で、雨の日や降水確率の高い日は自転車通勤できないのでバスや電車で通勤するのですが、その時間がちょっと苦痛に。

以前はバス通勤などで居眠りしたりSNSを見ていたりして過ごしていたものの、今はもうそれをしたいと思わなくなったのです。

それならば、汗をかいたり筋肉痛を感じながら走ったほうがまだいい。

習慣化の副作用に、ちょっと戸惑っています。

睡眠

就寝22時37分、起床4時29分、睡眠時間約6時間。

ちょっと寝つきが良くなかったものの、深い睡眠がとれたことで朝のアラームが鳴る前に自然と目が覚めた。

そろそろ朝の時間帯の気温も上がってきたので、いっそのこと4時台に起きて活動することを思案中。

そのためには、やはり就寝時間の前倒しが欠かせない。

食事(昼のお弁当づくり)

雑穀米ごはんに青菜ふりかけ、カレーメンチカツ、チキンカツ、味付けゆで卵チェダーチーズ、べったら漬け

残っていた食材を全部入れたら、結構なボリュームになった。

これで、5営業日中5回のお弁当づくりを達成。

サイクリング

夜は飲み会のため、自転車通勤は朝の往路のみ。

朝の時間帯でもぐっと気温が上がるようになってきた。

そろそろジャケットは不要かな。

  • 今日の走行距離/14km
  • 今週の走行距離/101km
  • 今週の出走日数/5日
  • 今月の走行距離/269km
  • 今月の出走日数/12日
  • 今年の走行距離/981km
  • 今年の出走日数/42日

スタンド回数

コツコツと。

今日はデスクワークのみなので、意識的に1時間に1回のスタンドを実行。

消費カロリー

飲み会の日は消費カロリーを気にしない。

体重・体脂肪率

体重微減・体脂肪率微増。

よく飲んで食べた割には増えなかった。

ただし、これで安心することなく、明日からまた整えていこう。

今月の目標体重:69.1kg

2017年4月計測スタート時:71.4kg、24.5%

半年後(2017年9月)の目標:65kg、19%

習慣化項目

帰宅が遅くなったので、息子の寝かしつけには間に合わなかった。

Good Habits
無料
(2017.04.04時点)
 App Store
posted with ポチレバ

明日への申し送り

  • 5時起きでランニングに出走すること。飲み会翌朝なので、1kmでOKとする
  • ランニング後の、家族が起きてくるまでの時間をブログ記事作成にあてる
  • 習慣化レビュー記事は必ず更新する
  • 靴磨きやアイロンがけなどの休日の習慣を、丁寧に行う
  • 休日は消費カロリーに対して食べ過ぎる傾向にあるので、腹八分目で整える

▼習慣化には良い習慣を「続ける」メソッドと、悪い習慣を「やめる」メソッドがあります

財布にメモ用紙とボールペンを忍ばせて身軽に出かけ、アイデアを逃さないようにする[楽しむ仕事術]

仕事においてアイデアで付加価値をつけることは重要ですが、いざ机の前に座ってひねり出そうとしてもなかなか出てきません。

と思えば、出張先だったり気分転換に外を散歩している時、あるいは休日に子どもと遊んでいる時などに不意に浮かんできます。

不意に頭に浮かんだことを忘れなければいいのですが、いいアイデアであってもタイミングを逃すとそのままスゥーッと消えてしまう。

そこで登場するのがメモ帳とボールペンです。

ただし、いざという時に持っていなかったりしてせっかくのアイデアを逃してしまう。

そこで考えたのが、財布にメモ用紙とボールペンを組み込んで一体化し、メモが必要な時に常に手元にある状態をつくりだしてしまおうということです。

さっそくご紹介しましょう。

ボールペンは2つ折り財布の折り目部分に収まる、伸縮タイプのペンが便利

一般的なボールペンの長さでは財布に収まらないので、使用しない時は短くなり、使う時に伸びて一般的なボールペンに近いサイズになるタイプのペンを用意します。

私がオススメするのは、ゼブラの「SL-F1ミニ」というボールペンです。

収納時(縮めた状態)

使用時(伸ばした状態)

写真ではちょっとわかりづらいかもしれませんが、縮めるとペン先が引込み、ペンを伸ばすとペン先が出てきます。

このボールペンを縮めた状態で、2つ折り財布の折り目部分に引っ掛けます。

すると、

一般的な2つ折り財布の縦の長さに収納状態のボールペンの長さがピッタリと合います。

メモ用紙はメモ帳から切り離して、札入れ部分に入れておく

メモ帳はどのメーカーのものでも構いませんが、A7サイズが大きさとしてはちょうど良いかと思います。

それと、あらかじめミシン目がついていて、メモ帳本体から簡単にキレイにメモ用紙を切り離せるものがよいでしょう。

私は、100円ショップのセリアで販売している、2冊で税込み108円のメモ帳を愛用しています。

切り離したメモ用紙を札入れ部分に挟んでおきます。

使用頻度にもよりますが、財布があまり厚くなるのも嫌なので、5枚程度あればよいでしょう。

メモ済みのものと未使用のものは別々に挟んでおき、帰宅したら母艦となる普段使いのノートに貼り付けておきます。

書いたメモを財布に挟んだままにしておいてはせっかくのアイデアが活かされないので、定期的に財布の中のメモ用紙をチェックする習慣を身に付けるか、リマインダーアプリをセットしておきましょう。

まとめ

スマホでメモという手もありますが、フリック入力でも思考速度に追いつかないことと、必ずしもアイデアがテキスト情報とは限らずグラフだったりイメージ図だったりするので、やはり手書きのほうが都合がいい。

とはいえ、手書きのためのメモ帳とボールペンを常に持ち歩こうとすると、いざという時に限って手元になかったりする。

そこで、おおよそ無意識でも持ち歩いているものにメモの役目を付加しようというのが、今回の財布にメモ用紙とボールペンを忍ばせておこうという方法です。

メモ用紙は今の手持ちのメモ帳から切り離して財布に入れておけばいいだけですし、ボールペンも財布からはみ出さないものであれば上記で紹介したペンでなくても構いません。

誰でもすぐに出来る方法で、貴重なアイデアを忘れない確実な方法ですから、ぜひ試してみてくださいね。

▼財布に短いボールペンをはさむ習慣のきっかけになった1冊がこち

二度寝しないほうが睡眠負債はたまらないと結論[習慣化レビュー 2017/06/22]

習慣化レビュー67日目。

習慣化レビューの背景と目的

仕事も生活も、知識や能力以上に毎日の「コンディションづくり」がものを言います。

(知識+経験)×コンディションの図式が成り立つからです。

そこで、睡眠・食事・運動など、日々の習慣化項目を日次でレビュー。

生活サイクルをPDCAで回していきます。

振り返ることが、明日の自分をデザインします。

▼習慣化レビュー開始のきっかけはこち

二度寝しないほうが睡眠負債はたまらないと結論[習慣化レビュー 2017/06/22]

1週間ほど前に、朝は二度寝しないほうが睡眠負債がたまらないのではとの仮説を立てて実験してきました。

基本は毎朝5時起きなのですが、4時前に目覚めてしまった場合は睡眠時間確保のために寝直すものの、4時過ぎであればそのまま起きて活動を開始するというものです。

実験のポイントは3つ。

  1. 日中、睡魔に襲われることはないか
  2. 睡眠時間が短くなることによる疲労度はどうか
  3. 次の睡眠の質への影響はどうか

1つ目については、昼食後であっても睡魔に襲われることはありませんでした。

2つ目の疲労度については、まず週の前半は問題なく活動できたものの、木曜日・金曜日あたりは疲れを感じました。

ただし、二度寝しない実験を開始する前との比較では、特段大きく疲れを感じたというわけではありません。

3つ目の睡眠の質についてですが、これはむしろ改善されました。

睡眠アプリで毎日計測していますが、深い睡眠を連続してとれている時間帯が増えました。

そして何より、寝起き時の負担が軽減されてすっきりと起きられるようになりました。

どうやら、二度寝は睡眠に入る瞬間こそ快感を感じるものの、起きようとする身体と寝直そうとする脳のギャップから浅い睡眠しかとれず、それが二度寝からの寝起き時の負担増につながっているようです。

二度寝しないほうが睡眠負債はたまらないと結論づけたいと思います。

ただし、基本となる睡眠時間が確保されての話なので、引き続き就寝時間の前倒しに注力していきます。

睡眠

就寝22時45分、起床4時55分、睡眠時間約6時間。

予定外の残業で帰宅が22時になったものの、就寝時間を優先したかったので入浴と野菜だけの簡単な夕食を済ませて、いつも通りの時間に就寝。

食事を軽くしたのが良かったのか、深い睡眠をとることができて、おかげで寝起きも疲労感なし。

食事(昼のお弁当づくり)

雑穀米ごはんに梅干しと青菜ふりかけ、厚焼き玉子、チェダーチーズ、ピリ辛らっきょう

普段は休みの日につくり置きしておいた味付けゆで卵を入れるが、今朝は厚焼き玉子をつくってみた。

厚焼き玉子をつくるのは、記録を取り始めてから初かもしれない。

ちょっと火加減が強過ぎたようで、焦げ目が多かった反面、ふんわりとならなかった。

次は、半分くらいの火加減で試してみよう。

サイクリング

前日雨で自転車を会社に置いて帰っていたので、今日は帰りの復路のみ。

仕事モードからプライベートモードにスムーズに切り替えるには、やっぱり自分で身体を動かす自転車通勤のほうがいいと実感。

  • 今日の走行距離/17km
  • 今週の走行距離/87km
  • 今週の出走日数/4日
  • 今月の走行距離/255km
  • 今月の出走日数/11日
  • 今年の走行距離/967km
  • 今年の出走日数/41日

スタンド回数

コツコツと。

作業系の仕事が多かったので、自然と積み上がっていた。

消費カロリー

自転車通勤片道のみのため、目標値にはあと少し届かず。

体重・体脂肪率

体重微増・体脂肪率微減。

体重が増えているのは筋肉量か?

それなら、いい体重増なのだが。

今月の目標体重:69.1kg

2017年4月計測スタート時:71.4kg、24.5%

半年後(2017年9月)の目標:65kg、19%

習慣化項目

1日あけて、再びオールクリア。

Good Habits
無料
(2017.04.04時点)
 App Store
posted with ポチレバ

明日への申し送り

  • 5時のアラームが鳴る前であっても4時過ぎであれば、ガバッと起きること(二度寝をしない)
  • 始業開始前の15分間を、読書時間にあてること
  • ブログ記事のストック化を進める(タイトル、見出し、書き出し、本文と小刻みに進める)
  • 習慣化レビュー記事は必ず更新する
  • 1時間に1回のスタンドに合わせて、1分間目を休める
  • 夜は飲み会なので、帰りは自転車を置いて帰ること

▼習慣化には良い習慣を「続ける」メソッドと、悪い習慣を「やめる」メソッドがあります

イヤホンをいざ使おうとした時のイライラする「絡まり」から開放!巻き方の工夫もいらないシンプルな方法[楽しむ生活術]

音楽はiPhoneで聴くことが多いのですが、ひとつ困るのが、イヤホンコードの絡まり。

しまう時はきれいにまとめていたはずが・・・

いざ使おうとすると絡まりあっていて、ほどかないと使えない。

コードを収納する市販品のグッズも試したけど、大きすぎたり使う手順が面倒だったり…。

そんな悩みも手近にあった意外なものであっさりと解決しましたので、さっそくご紹介。

使うのは「ダブルクリップ」1個だけ

会社の机の引き出しや事務用品置き場に必ずある、アレを使います。

「ダブルクリップ」と言うそうです。

実はこの記事を書こうと思ってから、初めて商品名を知りました。

方法は、極めてシンプル。

イヤホンをしまう前に、コード部分を3回くらい折ってから、

こんな風に、束ねたコードの真ん中をダブルクリップで留めるだけ。

これだけで、ポケットやカバンの中で絡まってしまうことはありません。

ちなみに、音楽を聴くときは、コードを留めておいたダブルクリップは、

こんな感じでコードの二股に分かれる部分に引っ掛けておきます。

邪魔にならず、無くすこともありません。

単純で、簡単でしよ?

「黒じゃちょっと・・・」という人にはカラーもあるよ

会社に置いてあるのは大概が黒だと思います。

それじゃ事務用品ぽさ丸出しでイヤだとおっしゃるオシャレさんには、カラーもありますよ。

私は、iPhone標準のイヤホンコードに合わせて白にしました。

まとめ

シンプル過ぎてまとめることもないのですが、この方法に変えてから、絡まったコードをほどかないと音楽を聴けないストレスもないし、束ねる時も真ん中を留めるだけなので、手間もかかりません。

留める際はダブルクリップの口の中にコードが収まっているだけで、コード自体を挟んでいるわけではないので、コードを傷めてしまう心配もありません。

カラーのダブルクリップでも、100円ショップで1セット15個入りくらいなので、この方法にかかる費用は10円未満。

会社の机の引き出しに1個くらいは転がっているでしょうから、一度試してみてね!

自転車走行中に虫(たぶん、虫)を飲み込んでしまった[習慣化レビュー 2017/06/21]

習慣化レビュー66日目。

習慣化レビューの背景と目的

仕事も生活も、知識や能力以上に毎日の「コンディションづくり」がものを言います。

(知識+経験)×コンディションの図式が成り立つからです。

そこで、睡眠・食事・運動など、日々の習慣化項目を日次でレビュー。

生活サイクルをPDCAで回していきます。

振り返ることが、明日の自分をデザインします。

▼習慣化レビュー開始のきっかけはこち

自転車走行中に虫(たぶん、虫)を飲み込んでしまった[習慣化レビュー 2017/06/21]

昨日の帰宅時のことです。

仕事が計画通りに進み、いい気持ちで帰路のペダルを漕いでいました。

すると、普通に息を吸ったタイミングで何か小さなものがひゅっと口の中へと吸い込まれたのです。

あっと思う間も無く、反射的に喉が勝手に嚥下動作を。

その瞬間に喉の中で、その何かがうごめく感触がありました。

その時脳裏にイメージされたのは、羽の生えた虫が喉を通って胃の中へと落ちていく姿。

見てはいないので断言は出来ませんが、あれは虫であったと思います。

普段から口呼吸気味なので、その少し開いた口からタイミングぴったりで吸い込んでしまったのでしょう。

口呼吸は以前から治さねばと思いつつ、そのまま放置していたのが悔やまれます。

気管の方に入ってしまわなかったのが、せめてもの救いでしょう。

風が強く吹いていたので飛んでいる虫は少ないだろうと、高を括っていたのも失敗のもと。

二度と吸い込まないように、帰りの夜道だけでもマスクを着用しようか思案中です。

睡眠

就寝23時1分、起床5時55分、睡眠時間約7時間。

睡眠負債がたまってきたのを感じていたので、起床時間を1時間遅らせて睡眠時間を確保。

7時間あると眠った実感が強くなる。

毎日7時間以上を確保するには、やはり就寝時間の前倒ししかない。

食事(昼のお弁当づくり)

味付けゆで卵、チェダーチーズ、パプリカのマリネ

これに、会社の売店で買ったおにぎりをプラス。

明日は通常バージョンの予定。

サイクリング

帰りの時間帯は雨になったため、朝の往路のみ。

疲れがたまってきていたので、ちょうど良い中休みになった。

  • 今日の走行距離/14km
  • 今週の走行距離/70km
  • 今週の出走日数/3日
  • 今月の走行距離/238km
  • 今月の出走日数/10日
  • 今年の走行距離/950km
  • 今年の出走日数/40日

スタンド回数

コツコツと。

夕方に途切れたが、なんとか13スタンド。

消費カロリー

自転車通勤片道のみのため、目標値にはあと少し届かず。

体重・体脂肪率

体重・体脂肪率ともに微減。

減少傾向を示してはいるものの、この壁を突破するのが難しい。

今月の目標体重:69.1kg

2017年4月計測スタート時:71.4kg、24.5%

半年後(2017年9月)の目標:65kg、19%

習慣化項目

予定外に残業時間が延びて、3日連続のオールクリアならず。

Good Habits
無料
(2017.04.04時点)
 App Store
posted with ポチレバ

明日への申し送り

  • 5時のアラームが鳴る前であっても4時過ぎであれば、ガバッと起きること(二度寝をしない)
  • 厚焼き玉子づくりに挑戦してみること
  • 始業開始前の15分間を、読書時間にあてること
  • ブログ記事のストック化を進める(タイトル、見出し、書き出し、本文と小刻みに進める)
  • 習慣化レビュー記事は必ず更新する
  • 1時間に1回、目を休める

▼習慣化には良い習慣を「続ける」メソッドと、悪い習慣を「やめる」メソッドがあります

デュアルディスプレイを「縦並び」にしたらすこぶる快適になった話と、その設定方法[楽しむ仕事術]

ノートパソコン(Panasonic Let’s Note)にDELLのディスプレイをつないで、デュアルディスプレイとして仕事に使ってきました。

これまで、デュアルディスプレイって横に並べるしかないと思い込んで使い続けてきたのですが、簡単な設定で縦並びに置いて使えると知って実際やってみたら実に快適だったので、設定手順含めてメモしておきます。

コントロールパネルの『外部ディスプレイの接続」で、並べる向きを指定する手順

1.まずは、「コントロールパネル」から「デスクトップのカスタマイズ」を選択します。

2.次に、「外部ディスプレイへの接続」を選択します。

3.すでにデュアルディスプレイで使っている場合、ディスプレイのイメージイラストが横並びになっているので、一方をマウスで掴んでもう一方の上に持って行きます。

マウスで位置を変えられるというのがポイントです。

位置を決めたら「OK」ボタンを押して、完了です。

仕事でPCを使うようになってもう十数年が経つのですが、マウス操作だけで並び位置を縦方向にも変えられることを、最近ようやく知りました。。。

後方に置くディスプレイの位置を高くするコツ

横並びの場合はノートパソコンも外部ディスプレイも机の上に直接置くかたちで問題ないのですが、そのまま縦並びにすると、外部ディスプレイにノートパソコンのディスプレイ部分がかぶってしまいます。

となると、外部ディスプレイの位置を高くする必要があります。

専用の台(ディスプレイスタンド)でも買えばいいのでしょうが、ここはコストをかけずにいきたい。

ということで、いま使っているノートパソコンの空き箱を外部ディスプレイの台にしてみました。

あら、ピッタリ。

単にお金をかけないということではなく、私のように仕事で使っているパソコンはどこの会社でもリース資産になっていることが多いと思います。

リース資産であればたかが空き箱とはいえ捨ててしまうことが出来ませんので、倉庫の中の結構なスペースを占有していたりしますので、それを活用すれば一石二鳥となります。

という、あとづけ理由をくっつけてみました。

まとめ

これまではノートパソコンを正面に、外部ディスプレイを向かって右方向に置いていたので、しょっちゅう右方向に頭を傾ける必要がありました。

おかげで、夕方頃になると首の付根が毎日のように痛くなっていました。

ディスプレイを縦方向に並べて置くと、ちょっとは頭の向きを傾ける必要がありますが、ほとんどは目線の上下移動だけで済みます。

また、縦に並べることで初めて感覚としてわかったのですが、横並びよりも2画面同時の認識がし易いというメリットもあります。

横並びでデュアルディスプレイをしている方は、一度縦並びで試してみませんか?

▼今回はダンボール製の空き箱で代用しましたが、本当はこういうのが欲しいです。

段ボールでは地震などによる転倒リスクが心配で・・・という方は、専用スタンドを用いることをオススメします。